HOME会社案内>満田屋の歴史


満田屋の休業日
[1月〜3月] 毎週水曜日
[4月〜12月] 第1・第2・第3水曜日
[大晦日、元旦]

*祝祭日の場合は営業致します
*上記以外に2月と9月の初旬に振替の休業日がございます
※詳しくは下記の休業日カレンダーをご参照下さい。(休業日は日付部分がオレンジになっています)

満田屋の歴史

沿革
天保5年(1834) 初代満田善内が現在地に居を構え、屋号を満田屋と称し、塩の販売と味噌の製造小売を始める。
明治4年(1871) 明治新政府の生産局より許可を得て、本格的に味噌の製造販売を家業とする。
大正11年(1922) 醤油の製造を開始して、東京進出を図る。
昭和3年(1928) 味噌漬などの漬物の製造販売を始める。
昭和5年(1930) 合名会社 満田屋商店を設立。
昭和23年(1948) 菜種油、胡麻油の搾油を始める。
昭和38年(1963) 3月28日 株式会社 三善を設立。
味噌、醤油、漬物の製造及び卸部を会津天宝醸造株式会社を設立し専業とする。一方、搾油と天然熟成味噌及び手造り漬物の製造販売を株式会社三善の専業として、合名会社満田屋商店を分離し今日に至る。
昭和47年(1972) 店舗を増床改築して味噌田楽コーナーを開設し、観光客の誘致宣伝に努める。
昭和55年(1980) 会津高田梅製品の製造販売に着手する。
平成3年(1991) 2月 株式会社満田屋に社名変更。
平成9年(1997) 6月 搾油工場を市内門田町一堰に移転。